任意売却のご相談は、専門業者の長崎アンビシャスへ。

■長崎県知事免許(3)第3592号
アンビシャス株式会社
〒852-8113
長崎市上野町5番8号
TEL:095-844-4875
FAX:095-844-4918
------------------------------
  1. 不動産の売買・賃貸の仲介・管理
  2. 任意売却の手続き
  3. 空家物件(戸建て・土地)の管理 (草刈など)
------------------------------
qrcode.png
http://ambitious-ok.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
 

任意売却のご相談

  • HOME  > 
  • 任意売却のご相談
 

当社で、お手伝いができるお客様の【状態】

当社で、お手伝いができるお客様の【状態】
 
住宅ローンのご相談はお早めに!
■不動産を担保に、融資を受けられた方。
 その方との連帯債務者、またはその方の連帯保証人、配偶者、相続人の方。
■他の方の融資のために、ご自身の不動産を担保に差し出した方。
 
 
上記に該当される方で、次の1から4の状態
 
.今後、住宅ローンの月々のお支払いが、困難になりそうな状態
 
.度々、月々のお支払いが遅れだし、または、2,3ヶ月遅れていて、銀行から支払い督促の連絡が来ている状態
 
.数ヶ月間、月々のお支払いが滞り、銀行から催告書、または法的手続きに進む旨の文書が届いている状態
 
.破産手続き中、または裁判所から競売開始決定の通知が来た状態
 
上記1,2の場合、出来る限り早い時期に、支払い条件変更のご相談を、先ずは、取扱金融機関へ行う事が、大切です。
 *住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)も、積極的に住宅ローン返済相談を行っています。
  住宅金融支援機構 住宅ローン返済相談 窓口はこちら
 
 
■お客様が、上記状態に至った原因は、様々と思います。ご縁を頂戴したお客様で多いケースは、
離婚 ②リストラ・転職  ③病気 等です。
原因はどうであれ(ご提案内容・私どもの動き方はその原因で差異が生じます)、住宅ローンの支払いが困難に(困難になりそう)なれば、皆様の共通した思い、
 
「何か良い方法はあるのか?」。
 
その際は、当然の事として、ご自宅の売却はお考えではないはずです
先にご自宅の売却を考えられたお客様でも、
①住宅ローンの残債務以上の売値→②中古相場より割高→③売却が進まなかった
というお話を多々お聞きいたします。
 
ご相談は無料です。もちろん、わたくしがお伺いし、面前でのご相談も無料です。
しかし、電話等でのご相談は、ご不安でしょうし、お話づらい事と思います。
下記ご相談メールをお気軽にご利用いただければ幸いです。
 
 
 

任意売却・・するべきではない!(?)

任意売却・・するべきではない!(?)
 
■任意売却とは・・・の、その前に・・。
 Aが、第三者へ売却できる物(不動産)を、自分で使うために、知人のBからお金を借りて、買いました。
その際の、AB間の約束事は、
 
  1. Aは、借りたお金の一部を、毎月、定額をBへ返します
  2. Aが、上記「1」の約束事が出来なくなって半年が経った場合は、Bは、Aの使っている物を第三者へ売って、その代金を貸したお金に当てる事ができます。
  3. 上記「2」の約束事を確実にするため、Aの買った物に、Bはシール(抵当権)を貼ります。
以上、3点。
 上記「1」金銭消費貸借契約・期限の利益
   「2」期限の利益の喪失・抵当権実行
   「3」抵当権設定登記
 
Aは、その後、お金に困ってきたので、買った物を第三者へ売りました。
Aが、その物を売った際に、
ケース1.売却代金から、Bへ借りたお金を返済しました。なので、少しお金
     が残りました。
     または、
ケース2.Aは、売却代金と手持ち資金で、Bへ借りたお金を返済しました。
 
Bは、貸したお金が全額回収できたので、物に貼ったシールをはがした後、Aは、第三者へ物を渡しました。
以上、任意売却の出番無、必要もありませんでした
 
 ここで、話が終わる事(任意売却の出番無、必要なし)が、もちろんベストです。
 
任意売却の出番は、上記「ケース1」「ケース2」の方策がとれず、前記「2」の状況に至った場合です
 
ご相談いただいたお客様から質問の多い事項は、次の通りです。
① 滞納した際の、Bの出方
② Bへ全額払えないのに、物が売れるのか
③ 物が売れなかった場合
④ 物を売った後の、Bへの支払い方法
⑤ 手元にお金を少しでも残せるのか
  
  
① 半年間は、毎月定額の「請求」「督促」「催促」のみです。それ以外の事   
  は出来ません。AB間の約束事「1」(金銭消費貸借契約)だから。
② 約束事「1」が反故(期限の利益の喪失)になったので、次の約束事
  「2」があるから。
  Bは、Aの「物」を、どこで売るか?
  ・普通の市場(任意売却
  ・同じような「物」の専門店(裁判所=競売
③ 普通の市場で売れなかった場合は、専門店で。または、普通の市場と専門 
    店と並行して売出すこともあり。
④ そもそも、約束事「1」に無理があり、Bは、Aの「物」を売った結果な
  ので、Bは、Aに、「いくらだったら払っていけるの?」の話し合い。
⑤ Bの回収金の一部から、お許しをいただけるかも。
 
 簡単な説明で、恐縮ですが、その他、何事でも構いません。ご不明な点はお気軽にご連絡下さい。
今、このサイトをご覧いただき、何か良い方法はあるのか」とお考えの方。
僅かでも、そのお方のその一助になれればと、切に願っております。
 
 
■他業者様ではありますが、【ヒラコ地所】様も、実際の手続きに即した内容を、ホームページで具体的に説明されていますので、ご一読下さい。 
 

ダウンロード資料

ダウンロード資料
 
住宅ローン返済でお困りの方
相談センター、弁護士等に相談する前に ( 2012-07-05 ・ 678KB )
 
競売と任意売却の違い
競売になるその前に、知って損はありません ( 2012-07-04 ・ 243KB )
 

大切な事

大切な事
 
想い
任意売却 大切な事は・・・
弊社は、任意売却を事業の中心に据え、今年9月で10年目を迎えます。
今まで任意売却でご縁をいただいたお客様は、ご相談時の状態が似れども、実際の私の行動は、お一人お一人のお客様、すべて異なっていました。
お客様の置かれた状態、取り囲む状況が、差ほど変わらなければ、問題解決の方法自体も、差ほど変わりません。
しかし、実際に方策を実行しようとすれば、お客様ごと異なる、プラスに働く面と、マイナスに働く面の両方があります。
問題解決の方法として、「どうするか」は、当然に大切です。
また、それ以上に、その方法が、お客様にどのような影響を与えるかを見極める事が、一層大切な事だと痛感しております。
 
任意売却 お聞きする事
そのためには、先ず、お客様の置かれた状態、取り囲む状況等、現象面としての事実の把握。
最も大切なことは、お客様の、「考え」「想い」をお聞きする事。
厳しい状況であればあるほど、他人へ言葉を預けることの難しさは、重々承知しております。
 
言葉にならない声をあげている方々の声に、よく耳を澄ますこと。
私の、想いです。
 
 

ご相談は

ご相談は
 
■任意売却に関するご質問は、お気軽にお問い合わせください。
 
アンビシャス株式会社 TEL:095-844-4875
   
フォーム
お名前
 
 ※例:山田 太郎
 
都道府県
 
 
電話番号
 
 
メールアドレス
 
 
お問い合わせ内容
 
 
<<アンビシャス株式会社>> 〒852-8113 長崎市上野町5番8号 TEL:095-844-4875 FAX:095-844-4918